2018/09/09

レッグジョイントシステム

1年ぶりのブログです。日頃ツイッターで発信するようになり、すっかりご無沙汰しています。やっぱりブロッグでまとまって残して置かないと、アーカイブーブーですね。

さて今回は直近の話題です。初めて野口ハードウエアーのレッグジョイントを使用したので、まずはメモ程度ですが、記録しておきます。

①サイズがいくつかあり、今回は56-35サイズにした。
②固定式と微調整式があり、今回は両方1セットずつ購入した。

 ホールソーは56ミリぴったりがないのでまずは50ミリで深さ8ミリ開けます。次に35ミリで更に深さプラス11ミリ開けます。56ミリ用のトリマーテンプレートを使い拡張します。このテンプレートの製作が、微妙に難しい。


今回の天板はミズナラで厚みが30ミリと決して厚くない材で、直接取り付けるでデザインだったので、天板ソリ防止の為に、吸い付き桟を間際につけた。一工夫二工夫必要となった。


足は角材で、できるだけ金具が見えないようにコーナーに配置すると、ボルトを締めるのに吸い付き桟が邪魔になる。そこは見栄え優先したが、結局吸い付き桟への穴開けが予想以上に、位置と角度の最適化が難しく、金具は見えども、桟に開けた穴はかなり目立つ。そこは我慢できる?
※なおレンチは付属のものでは長さが足らないので、長いものが必要になります。



 脚の方に挿入するボルトは、まず13ミリのドリルで垂直に穴を開ける。難しいかなと思ったが、なんとかうまく行った。

マニュアルでは、ボルト挿入時に接着剤とピンを使うとあるが、ボルトはタップ状態で、キュッキュッとネジを斬りながらかなりきつく入って行くので、接着剤や、ピンは必要ないかな。多分、柔らかい材だと、こうは行かないのだろう。
 ただ、希望の向き(コーナー)に止めるのは至難の技。脚の向きは意匠上、どちらを前面にするかはこだわりたいのだが、先に脚のコーナーの欠き込みをしてから、ボルトをねじ込んだところ、
堅木なので、しっかり固定はするけど、希望の位置に来ない!何度か抜いて再挑戦したが、、、結局最初の一本は面を僅かカットして、希望の位置へくるようにした。

跡の3本は、先にボルトをコーナーにくるようにしてから、コーナーの欠き込みをした。

最初の切り込み位置で決まるとすれば、かなりムズイ!

この脚側の斜めの欠き込みはみなさんどうやているのだろう?角度をつけて、ドリルで開ければいいかもしれないけど、きちっとした治具が要りそう。
今回は、4本だけなので、鋸とノミで掘ったけど、なにかいい方法がありましたら教えてくださいませ。

ところで、付属のボルトに青いものが塗ってある。固定式のにはなく、微調整タイプのもの
だけにある。メーカーに聞いてみたところ「気になりますか?」と言われて「えっ、気になるから聞い
たのです!」と突っ込んだら、「それでは聞いてきます」ということでなんと「!!!!!!」気持ちはわかりますが・・・  でもこんなデザインが可能なのもこの金具のおかげ。合掌

0 件のコメント: